ゲイ出会い特集


ゲイ体験談

ゲイサイトランキング

全ランキング表示
【http://gay.menssearch.net/】にリンクを貼るだけで「GayLoad -ゲイ出会い体験談掲示板-」ランキングに参加できます アクセスランキング

ゲイ出会い掲示板


24000円分無料恋活で簡単彼探し

↑より一括お試し登録をして頂くと、計24000円分!!もの無料ボーナスポイントが付いてきます! 無料でベストパートナーと巡り合う最大のチャンス!!


お試し無料登録で簡単出会い体験

ゲイ専用の友達・相方探し専用の会員制出会いコミュニティです。入会・月額費用は無料で、19歳以上のゲイであれば誰でも今すぐご利用可能です。気になる相手をじっくり探すことができます。出逢いをもっと簡単に。指先1つでつなぐ僕らの出会い


お試し無料登録で同性パートナーと巡り合う

メンズオンリーのメールも動画も楽しめる総合コミュニティサイト。時間も費用もかからない超簡単登録。写真やプロフの更新や閲覧は完全無料!理想のパートナーをじっくり検索しよう!地域ごとにあなたにマッチした相手をじっくりと探せます。


お試し無料登録でパートナーを探す

オープンしたてで大賑わい!の今がチャンス!!セキュリティ万全で初めてでも安心です
ゲイライフ向上を応援する男同士の出会い交流コミュです♪無料P付きで気軽に始められます★


お試し無料登録でぴったりの相手を探す

地域別登録制。 この扉を開けばそこには星の数だけ出会いが待っている。サイトオープン記念として、出会いプラス動画も楽しめる総合サイト。携帯電話やスマートフォンでのアクセスもOK。いつでもどこでもチャンスを逃さない。簡単な検索条件。好みの彼にアプローチ。

肉を掻き分けてチンポが…:ゲイ恋愛体験談掲示板

俺が男性とのエッチに目覚めたきっかけの話です。
俺が20歳の頃は定職も就かず日銭を稼ぐ毎日でした。
そんなある日、どうしても5万が早急に必要になり、
高額のバイトを探したところ いきつけの飲み屋の店長からウリの話を持ちかけられた。
正直、俺は女性経験しか無いし、男には興味が無かったが 背にはらはかえられずOKする事に…。
後日、店長の指示する都内のホテルへ!指定された部屋に行くと
『おう!来たな、中に入れや』とパンチ頭の大柄なオッサンがバスローブ姿で出迎えてくれた。
中に入りソファーに座っていると『兄ちゃん、初めてか?』『はい』俺は緊張しながら答えた。

『ならワシに任せとけ』と、オッサンが隣に座り煙草をくわえながら服の隙間から手を入れ胸を撫でてきた。
『ええ子にしてればバイト代はずむで』などと俺の首筋や耳をザラザラした舌で舐めてくる。
煙草臭い息と気色悪い舌で鳥肌が立ち『シャワー浴びてきます!』と俺が立ち上がると、
手を掴まれ『そのままでええ』とベッドに連れて行かれ服を脱ぐように言われた。
裸になると、壁に手をついてケツの穴が見えるように足を広げろと指示され、恥ずかしかったが言う通りに従った。

『ほんまに使ってないなぁ』とオッサンは俺のケツに近づき穴を観察している。
オッサンは煙草を消し『よっしゃ!始めよか』と俺のケツを両手で拡げて舐め始めた。
舌先で円を描くように舐めたり中心を突ついたりで、
顔に似合わず優しい舌戯に俺は体をビクビクと震わせ感じてしまった。
『どうや?気持ちええか?』
『はい。気持ちイイです』『これはどうだ?』今度は穴に舌を出し入れし始め中で舌を掻き回す。
『アアぁぁ…』
俺は初めてのアナル責めで声を上げてしまった。少しほぐれたとこで、
次にオッサンの太い指が一本、また一本と入ってきた。
多少 圧迫感と痛みがあったが耐えられるもので、逆にそれも快感でした。
『もう、ええか』とオッサンはバスローブを脱ぎ壁に手をついて俺の後からチンポを挿入してきた!
メリメリという音と共に肉を掻き分けてチンポが入ってくる。
電流を流されたように激しい痛みがケツから頭の先まで走り、思わず声を上げた!
『ギャァー痛い痛い!』逃げようとしたが腰をガッチリ押さえられ逃げれない。
『すぐ、良くなるから辛抱や』とオッサンはピタンピタンと腰を打ちつけてくる。
俺は『フゥーフゥー』と腰のリズムに呼吸を合わせ痛みが緩和するのを待った。

『初物はほんま良く絞まるなぁ、もう出そうや』オッサンの腰の動きが早くなった。
俺はもう少し我慢すれば終わると耐えていた。
『あかん、出そうや』とオッサンはいきなりチンポを抜きベッドに横になった。
俺が分からぬまま立っていると今度は上に乗れと言われ、
オッサンに跨がり入れようとするが、なかなか入らない。
やっとの事でチンポの先が入ったとこで『入れるの下手やなぁ』と
俺の両足を抱え持上げるようにして 一気に下から突いてきた。。
『オラァ』
『ア"ア"ぁぁ!』
またも激痛が!

バックで少し慣れたのに体位が変わり更に奥まで貫かれ
容赦なく突き上げてくる『フン・フン・フン!』
とオッサンは鼻息を荒くしながら 俺の首を噛んでくる。

『もうダメや出すで……イ"ク"ッ!』の声にオッサンは俺の体を力強く抱き寄せ俺の首筋を激しく噛んだ。
そして俺は腸の奥の方で温かいものを感じ その場に倒れてしまった。
オッサンは『良かったで、また困ったら連絡しいや』
と倒れてる俺の顔を舐めベッドに封筒を置いて部屋を出ていった。

しばらく放心状態だった俺は起き上がり自分の姿を鏡で見ると、
顔は涙や鼻水や涎で首には歯形が付いてるし、股の間からは血とザーメンが流れてる。
まるで犯された女のようだった。
でも何故かその姿に異様に興奮して鏡に映る自分を見ながら立て続けに3回も自分で抜きました。
最後にはオッサンのザーメンを指ですくって匂いを嗅いだり舐めたりした。

それ以来、犯されるプレイにハマってる今日俺30歳です。